道楽者泉式と猫のお話  猫と暮らす
by senshikibow
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
猫:ライとネロの写真
ヤモリ:月光
だんじりの写真
iPhone iPad GPS PDA
車:JaguarXJ6(X300)
車:MG-B
車 : Porsche 911(996)
季節の写真
旅の写真
動物の写真
SanFranciscoの写真
西宮の写真
カメラの話
趣味
グルメ&グビグビ
日常いろいろ
自転車
星の話
ステレオ写真・3D写真
フォロー中のブログ
火呂 Photograph
コウベライフ
毎日がバラ色? バラ色!
そやから、つっちゃんの日...
KYOTO徒然日記
9+2=1
ヒトは猫のペットである
哲学と哲楽
日日是猫日@京都
365日 上市(かみいち)
マイリンク
のこぎり日記
blog??・・・Life logだな2
blog??・・・Life logだな
Jaguar Type X300 Owners Salon
清水隆夫の「Good Job」
彫金屋
酢酸のにほひ


タグ「趣味のカメラ」で
    紹介するカメラたち

Leitz-Minolta CL
Plaubel Makina 670
Retina IIIC
Nikonos V
タグ
(187)
(118)
(72)
(68)
(67)
(64)
(63)
(50)
(39)
(35)
(33)
(31)
(22)
(20)
(16)
(16)
(14)
(14)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
記事ランキング
最新のコメント
settuyaさん、ご無..
by senshikibow at 08:39
すごーい! ドローン撮..
by settuya at 17:12
lensmaniaさん、..
by senshikibow at 17:57
毎年画像楽しみにしていま..
by lensmania at 22:06
kanaさん、お忙しい中..
by senshikibow at 08:39
あ、ちなみに1983年モ..
by kana at 13:25
あっつい中、空冷ポルシェ..
by kana at 13:22
こちらこそありがとうござ..
by kana at 13:18
有馬川で乱舞が見られるそ..
by lensmania at 21:48
どこかお勧めポイントはあ..
by senshikibow at 08:35
最新のトラックバック
国際宇宙ステーション 写真
from youtube動画☆新着ニュ..
猿神
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
だんじり祭り・八木地区本..
from BuellとTrickwer..
だんじり祭り・八木地区宵..
from BuellとTrickwer..
だんじり祭り・八木地区宵..
from BuellとTrickwer..
試験曳き
仕事場が大阪の和泉市にありまして・・・ その大阪南部泉州のお話

今日は10月2日 日曜日

世間では普通の日曜日でも和泉の人たちにとっては普通の日曜日ではありません。
何かというと「試験曳き」の日です。
なんのこっちゃ?
和泉の秋祭りというと「だんじり祭り」だんじり祭りというと9月15日に行われる岸和田のだんじり祭りが有名ですが、和泉市、泉大津市、岸和田市の色々な町で行われます。そのほとんどが10月9日、10日(最近は体育の日が連休になったので、その連休の土曜日、日曜日で行われます。今年は8日、9日)
と言うわけで、9月岸和田のだんじりが終わった頃から、町中が祭り一色になります。道には提灯が飾られ、祭りのお囃子が聞こえたり、地車を曳くためにお兄さんたちが体力作りをしていたり・・・
今日はその1週間前で地車(だんじりと読みます)の試験曳き。
まぁ、予行演習みたいなもんですが、これから、町中がだんじりモードになります。
10年ほど前、泉大津濱八町の上市という地区のだんじりの帳元さん(まとめ役のようなえらいさん)のお一人と知り合えまして・・・
それから、毎年、娘が大好きなもので、祭り見物に行かせていただいています。

で、この1週間はこのblogも「だんじり」モードに入ってみようと思います。

今日は試験曳きの風景とちょっと地車のお話

だんじり祭りはその地区のお宮さんの秋祭り。
泉大津濱八町のだんじり祭りは泉大津神社の御祭禮。
8つ(上市、田中、元町、出屋敷、宮本、西之町、上之町、下之町(順番は思い出したまま深い意味はありません))の街がそれぞれ地車を出します。

だんじりはその町の多くの人によって支えられ、成り立っています。
ざっと見てみると、
地車を曳く人、この地車に近い人たちが地車を動かしている原動力で大変力が要るようです。

e0077517_19343758.jpg


地車に乗る人(この前に座っているのは帳元とよばれるえらいさんたち、そしてお囃子をする青年団が地車に乗ります)

e0077517_19353479.jpg


だんじり祭りの花形はなんと言っても、地車の上で華麗に舞う「大工方」と呼ばれるおにいさん。

e0077517_19361132.jpg


地車の後ろの人たち(この人たちは地車の後ろに突き出た棒をコントロールして地車の方向をコントロールします)

e0077517_193647100.jpg


この多くの人たちを一つにまとめるわけですから、それは大変なことだと思います。
祭りは大人たちだけでなく、子供たちも参加しますので、
帳元さんたちから青年団までそれぞれの人が各々、いろんなところに気を遣いながら、進行していくようです。
by senshikibow | 2005-10-02 19:41 | だんじりの写真 | Comments(2)
Commented by settuya at 2005-10-03 00:14
これからは秋祭りの季節ですね。
播州の秋祭りはもうほとんど毎日、どっかの街で祭りをやってます。
うまく週末などにかみ合えばぜひ撮りに行きたいものです。
血が騒ぎますなあ。
Commented by senshikibow at 2005-10-03 11:56
子供の頃から、あまり祭りと言うものに接した事のなかった私にとって、
すごく新鮮でした。ただ、あまりに祭り一色になってしまうので、地元の人でもあまり好きでない方もおられるようです。
でも、見物に行くとお囃子と掛け声の中で知らないうちにのめりこんでいます。
<< 夜のだんじり 大怪獣!!! >>