道楽者泉式と猫のお話  猫と暮らす
by senshikibow
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
猫:ライとネロの写真
ヤモリ:月光
だんじりの写真
iPhone iPad GPS PDA
車:JaguarXJ6(X300)
車:MG-B
車 : Porsche 911(996)
季節の写真
旅の写真
動物の写真
SanFranciscoの写真
西宮の写真
カメラの話
趣味
グルメ&グビグビ
日常いろいろ
自転車
星の話
ステレオ写真・3D写真
フォロー中のブログ
火呂 Photograph
コウベライフ
毎日がバラ色? バラ色!
そやから、つっちゃんの日...
KYOTO徒然日記
9+2=1
ヒトは猫のペットである
哲学と哲楽
日日是猫日@京都
365日 上市(かみいち)
マイリンク
のこぎり日記
blog??・・・Life logだな2
blog??・・・Life logだな
Jaguar Type X300 Owners Salon
清水隆夫の「Good Job」
彫金屋
酢酸のにほひ


タグ「趣味のカメラ」で
    紹介するカメラたち

Leitz-Minolta CL
Plaubel Makina 670
Retina IIIC
Nikonos V
タグ
(195)
(118)
(72)
(68)
(67)
(64)
(63)
(53)
(39)
(35)
(33)
(31)
(22)
(20)
(16)
(16)
(14)
(14)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
記事ランキング
最新のコメント
settuyaさん、ご無..
by senshikibow at 08:39
すごーい! ドローン撮..
by settuya at 17:12
lensmaniaさん、..
by senshikibow at 17:57
毎年画像楽しみにしていま..
by lensmania at 22:06
kanaさん、お忙しい中..
by senshikibow at 08:39
あ、ちなみに1983年モ..
by kana at 13:25
あっつい中、空冷ポルシェ..
by kana at 13:22
こちらこそありがとうござ..
by kana at 13:18
有馬川で乱舞が見られるそ..
by lensmania at 21:48
どこかお勧めポイントはあ..
by senshikibow at 08:35
最新のトラックバック
国際宇宙ステーション 写真
from youtube動画☆新着ニュ..
猿神
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
だんじり祭り・八木地区本..
from BuellとTrickwer..
だんじり祭り・八木地区宵..
from BuellとTrickwer..
だんじり祭り・八木地区宵..
from BuellとTrickwer..
今年2回目
暖冬のせいか?
e0077517_23173911.jpg

月光君、今年2回目の脱皮です。

唇の皮膚の模様が違うの分かりますか?
左の白い方がお腹側、右の少し色が付いているのが背中側の皮膚です。

あまり顔を見せないけれど、ちゃんと生きていいるんだなぁ・・・
彼は幸せなのだろうか?
by senshikibow | 2007-02-15 23:23 | ヤモリ:月光 | Comments(10)
Commented by ほりてつ at 2007-02-15 23:35 x
「あいつ、一皮剥けたなあ」ということばは、ある種称賛の雰囲気が漂い、
特に思春期前後の男子にとっては成長と性徴を伴う大きな現実でもある
わけで、それは変温動物でも恒温動物でも同じかと思われ、複雑です。
Commented by あ・閑マダム at 2007-02-16 03:22 x
ほりてつさんのコメントにある「一皮剥ける」という言葉は正にここに語源があるのだという実感がします。こうして一皮一皮脱皮しながら懸命に生きている月光君、なんと健気なんでしょう(ウルウル)。でもほんとうにそっくりそのまま脱皮するのですねえ(当たり前か(笑)。アニミズムという言葉を想い出しました。ところで月光君は通常、年に何度脱皮するのですか。やはり気温によるのでしょうか。
Commented by settuya at 2007-02-16 09:21
順調に大人になっていってるんですね>月光くん。
settuyaもいつになったら「いい大人」になれるんだろうか?
齢だけは積み重ねてきてるんだけど(^ ^);;
あぁあ(+_+)トホホ
Commented by hori_tetsu29 at 2007-02-17 02:05
ほりてつです。よくわかりませんが、脱皮の究極は蝉・セミではないのか
と思います。数年を地中で過ごし、地上では「じゃかましわ!」といわれ、
精根尽き果て干からびた彼らを今でも夏の終わりに目にすると、哀れを
感じざるをえません。爬虫類の生態は兎も角、前向きな姿勢に同慶か?
Commented by senshikibow at 2007-02-17 19:31
ほりてつさん、こんばんは。
一皮剥けるというと、明らかに見た目(内面もあるけど)変わったイメージが僕にはあります。
でも、月光君は一皮剥けてもほとんど変わらない・・・
大きな皮が残っている割には見た目は変わらないものだなぁ・・・・なんて、思っています。
Commented by senshikibow at 2007-02-17 19:40
あ・閑マダムさん、こんばんは。
たぶん自然界では年に数回脱皮するんだと思います。
自然界では寒くて餌の少ない冬場は冬眠するので、たぶん数回だと思います。
家の月光君は冬眠しません。(冬眠させ方が分からないので、暖めて餌をやっていると、冬眠しません。)今までは、だいたい年に4から7回脱皮してました。だんだん頻繁になってきているように思います。
Commented by senshikibow at 2007-02-17 19:46
settuyaさん、こんばんは。
寿命がどのくらいか判りませんので、もう大人なのか?まだ大人になっていないのか?不明です(笑)
一皮どころか、もう10皮以上剥けているのに・・・月光君あまり代わり映えしません。
Commented by senshikibow at 2007-02-17 20:07
hori_tetsu29さん、こんばんは。
この究極の脱皮は「羽化」特別な名前が付いてるんですね。
中学生の頃、和歌山の実家の庭でセミの羽化を見たことがあります。
はじめからではありませんが、殻から白いからだが抜け出して羽を乾かしているところでした。無防備な状態でいるわけですから、それが命がけの一皮剥けるの状況でした。白くて乾かしている羽が綺麗でした。
そんだけ苦労して・・・ほんの数日の命ですから・・・むなしいですね。
子孫を残すための、最後の「一皮剥ける」なんですね。
Commented by あ・閑マダム at 2007-02-18 04:27 x
おはようございます。
自然の摂理とはほんに摩訶不思議ですね。科学をもって説明不可能な神秘に満満ています。無宗教のわたくしがスパーパワーを信ずる所以です。万物の為に存在するこの地球、そしてその美しい自然、それを我々人間はその知徳をもって万物の為に守る義務があるとおもうのです・・・。 とにかく月光君の脱皮に祝杯!
Commented by senshikibow at 2007-02-19 22:07
あ・閑マダムさん、こんにちは。
まぁ、自然の不思議はおいといて・・・
とにかく着々と大きくなっている月光君でした。
<< 陽射しの中で バレンタインデー >>