道楽者泉式と猫のお話  猫と暮らす
by senshikibow
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
猫:ライとネロの写真
ヤモリ:月光
だんじりの写真
iPhone iPad GPS PDA
車:JaguarXJ6(X300)
車:MG-B
車 : Porsche 911(996)
季節の写真
旅の写真
動物の写真
SanFranciscoの写真
西宮の写真
カメラの話
趣味
グルメ&グビグビ
日常いろいろ
自転車
星の話
ステレオ写真・3D写真
フォロー中のブログ
火呂 Photograph
コウベライフ
毎日がバラ色? バラ色!
そやから、つっちゃんの日...
KYOTO徒然日記
9+2=1
ヒトは猫のペットである
哲学と哲楽
日日是猫日@京都
365日 上市(かみいち)
マイリンク
のこぎり日記
blog??・・・Life logだな2
blog??・・・Life logだな
Jaguar Type X300 Owners Salon
清水隆夫の「Good Job」
彫金屋
酢酸のにほひ


タグ「趣味のカメラ」で
    紹介するカメラたち

Leitz-Minolta CL
Plaubel Makina 670
Retina IIIC
Nikonos V
タグ
(178)
(118)
(72)
(68)
(67)
(64)
(63)
(39)
(39)
(35)
(33)
(31)
(22)
(20)
(16)
(16)
(14)
(14)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
記事ランキング
最新のコメント
空の青と山の緑、そこをそ..
by hori_tetsu29 at 20:58
lensmaniaさん、..
by senshikibow at 11:28
うちも23日に交換しまし..
by lensmania at 20:39
お父さんと違ってメジャー..
by lensmania at 09:03
settuyaさん、おひ..
by senshikibow at 14:15
わたしも同感。 はげし..
by settuya at 14:08
settuyaさん、おは..
by senshikibow at 09:28
お越しくださりありがとう..
by settuya at 11:47
京都在住のT君 こんにち..
by senshikibow at 11:11
昨日の春の嵐で、桜はかな..
by 京都在住のT at 07:48
最新のトラックバック
国際宇宙ステーション 写真
from youtube動画☆新着ニュ..
猿神
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
だんじり祭り・八木地区本..
from BuellとTrickwer..
だんじり祭り・八木地区宵..
from BuellとTrickwer..
だんじり祭り・八木地区宵..
from BuellとTrickwer..
ペルセウス座流星群 2007
8月12日深夜から8月13日未明にかけては今年のペルセウス座流星群の極大が予想されていました。
幸い新月。月明かりもなく流星観察には絶好の夜。
天気も良好!

EOS20DにマウントアダプターでAi Nikkor 24mm 1:2を装着。
ちょっと画角が狭いのですが、たくさん飛べば、写ってくれるでしょう。
露よけカイロとインターバルタイマーも準備して夜を待ちました。

0時過ぎベランダから北東の空を見ると曇っています。
駄目かぁ・・・・
デジカメなので駄目もとで少し空が開けた西の空に向かってカメラをセット。

西宮の空はとっても明るいですね。
でも、雲が切れると流星が飛ぶのが見えます。
ちょっと期待!

撮影はカメラまかせで、結果は朝のお楽しみ・・・・・

e0077517_18134870.jpg


8月13日午前3時44分から30秒写真です。

画面左下に流星の奇跡が写っています。
分かりますかぁ?

0時から4時までで途中随分雲にやられましたが、3枚に流星が写っていました。

2001年の獅子座流星群の時はフィルムの入れ替えで寝ずの番でしたが、
デジカメは便利です。
明るい広角レンズが少ないのが問題かな?
by senshikibow | 2007-08-13 18:22 | 星の話 | Comments(9)
Commented by settuya at 2007-08-13 22:51
うーん。あれがそうなんですかあ?
お星さまの写真は深そうですね。
Commented by あ・閑マダム at 2007-08-14 02:16 x
シャッターチャンスを根気強く、忍耐強く半永久的に待ち続ける!なーんていうのが写真家に課された酷なる宿命などと思っておりましたが、デジカメなる機器はこんなに便利で優れものなのですね。 寝ていてもバッチし撮れるのですから。(笑)わかります、見えます、流れ星がスーッとはっきり見えます。その姿を消した後は太陽系の外に行ってしまうのでしょうか。それこそ天文学的数字の年月を経て我々の目に届くという星の光、この流星も何億年前の宇宙のパーフォーマンスなのでしょうか。 宇宙の神秘さに戦慄さへ覚えます。 
Commented by senshikibow at 2007-08-14 19:20
settuyaさん、こんにちは。
この手の写真は、まぁ、マニアックなもんですね。
もっと、暗いところに行って、もっと凝った撮り方をすれば、
綺麗に撮れるのでしょうが、西宮の家のベランダからではこれが限界かなぁ・・・
Commented by senshikibow at 2007-08-14 19:48
あ・閑マダムさん、こんにちは。
いえいえ、本当は根気よく忍耐強く待ち続けるのが王道です!
ですから、泉式の写真は邪道(笑)

天体写真を本格的にやっている人は
西に流星が見れると言えば、西に行き、
東に日食があると言えば駆けつけ、
重くて大きな機材を運ぶことを苦にせず、
曇っても恨まず、雨が降っても決して後悔しない。

とても泉式には真似が出来ません(笑)。

ちなみに流星(meteor)は塵や小隕石が地球の大気圏に突入し燃え尽きる光です。
それが、なぜ、流星群になるかというと、
塵の多いところに地球が突っ込んで行くからなのです。ペルセウス流星群の塵はスイフト・タットル彗星の落とした塵です。
彗星(ほうき星:comet)は宇宙の彼方からやって来て、また去っていくわけで流星(meteor)とは違うわけですね。その軌道上には塵がたくさん残っていて、地球の公転軌道上と交わるところに地球が突っ込むと流星群になります。
ちなみにハレー彗星の塵はオリオン座流星群になるんだって。
Commented by あ・閑マダム at 2007-08-15 01:20 x
ほー、フムフム、そうなんですかぁ。あたしゃまた隕石がバランスをくずすかなんかして宇宙の彼方に落っこちてゆくのだと思っておりました。ペルセウス流星群の塵はスイフト・タットル彗星の落塵でハレー彗星の塵はオリオン座星群になるなんてことまでびっくりするほどお詳しい。 銀河鉄道に乗って夜空を旅したいなあ・・・なんてわたくしはいまだに童話の世界におります。
Commented by senshikibow at 2007-08-15 15:58
あ・閑マダムさん、こんにちは。
日本の空はとても明るくって、星を見るのには向きません。
アメリカだと少し郊外に出れば降るような星空が見えて、驚いたのを覚えています。
星空を見上げていると、神話の世界、童話の世界、そして凡人には想像が出来ないまさに天文学的な時の流れの話し・・・など、話題がつきません。
とっても幸せな気分になれる時間です。
Commented at 2007-08-17 09:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ycttim at 2007-08-17 10:33 x
ペルセウス座流星群・・・懐かしいです。
高校生の頃は、天文部の観測キャンプが街明かりの少ない積丹半島の中央部の牧場の牧草地で行われていました。
何故か天文部では無かったのに、3年間皆勤して観測を手伝った思い出があります。シートを敷いて、そこに仰向けになり、割り当てられた空の方向を眺めて、流れた方向、角度、明るさなどと記録していく。。。
最近は、星空を眺めるということも忘れていました。
Commented by senshikibow at 2007-08-19 22:44
ycttim さん、こんばんは。
積丹半島の中央部の牧場なんて、星を見るには最適ですね。
泉式も天文部ではありません。ちなみに写真部でもありません(笑)
でも、和歌山の田舎育ちで子供の頃は自宅の庭からでも星が綺麗に見えました。今は明るくなって駄目ですが・・・・
西宮は都会なのでこうして写真を撮っていますが、ほとんど限界に挑戦しているような状態です(笑)
北海道は綺麗に見えるでしょうね。昔見ていたのでしたら、時々、見上げてみてください。そんなに沢山の星が見えなくても、なんとなくホッとしますよ。
<< 最近の定位置 夏バテ >>