道楽者泉式と猫のお話  猫と暮らす
by senshikibow
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
猫:ライとネロの写真
ヤモリ:月光
だんじりの写真
iPhone iPad GPS PDA
車:JaguarXJ6(X300)
車:MG-B
車 : Porsche 911(996)
季節の写真
旅の写真
動物の写真
SanFranciscoの写真
西宮の写真
カメラの話
趣味
グルメ&グビグビ
日常いろいろ
自転車
星の話
ステレオ写真・3D写真
フォロー中のブログ
火呂 Photograph
コウベライフ
毎日がバラ色? バラ色!
そやから、つっちゃんの日...
KYOTO徒然日記
9+2=1
ヒトは猫のペットである
哲学と哲楽
日日是猫日@京都
365日 上市(かみいち)
マイリンク
のこぎり日記
blog??・・・Life logだな2
blog??・・・Life logだな
Jaguar Type X300 Owners Salon
清水隆夫の「Good Job」
彫金屋
酢酸のにほひ


タグ「趣味のカメラ」で
    紹介するカメラたち

Leitz-Minolta CL
Plaubel Makina 670
Retina IIIC
Nikonos V
タグ
(189)
(118)
(72)
(68)
(67)
(64)
(63)
(52)
(39)
(35)
(33)
(31)
(22)
(20)
(16)
(16)
(14)
(14)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
記事ランキング
最新のコメント
settuyaさん、ご無..
by senshikibow at 08:39
すごーい! ドローン撮..
by settuya at 17:12
lensmaniaさん、..
by senshikibow at 17:57
毎年画像楽しみにしていま..
by lensmania at 22:06
kanaさん、お忙しい中..
by senshikibow at 08:39
あ、ちなみに1983年モ..
by kana at 13:25
あっつい中、空冷ポルシェ..
by kana at 13:22
こちらこそありがとうござ..
by kana at 13:18
有馬川で乱舞が見られるそ..
by lensmania at 21:48
どこかお勧めポイントはあ..
by senshikibow at 08:35
最新のトラックバック
国際宇宙ステーション 写真
from youtube動画☆新着ニュ..
猿神
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
だんじり祭り・八木地区本..
from BuellとTrickwer..
だんじり祭り・八木地区宵..
from BuellとTrickwer..
だんじり祭り・八木地区宵..
from BuellとTrickwer..
カテゴリ:趣味( 21 )
ハイレゾ
何年か前から、オーディオや音楽配信のサイトでハイレゾなる言葉を目にします。
high-resolution高解像度と言う意味だそうです。
アナログレコードからCDに移行したのが1980年から1985年ぐらいでしょうか?
CDになって音が良くなったと言われましたが、
泉式はもう一つ納得がいかず、91年までアナログレコードを中心に聞いていました。
一応、パイオニアのCLD7だったかな、LDとCDの両方が再生できるプレイヤーでCDも聞けるようにしていましたが、メインはあくまでレコードでした。
そのレコードはアメリカに行くときに後輩に預けて、それっきり。
結婚してからは、持っていたレコードで気に入ったものをCDで少しづつ買い揃えて行きました。
この最近、テクニクスのSL10を手に入れて、アナログレコードをまた聴き始めたのですが、やっぱり良いんですよね〜
e0077517_15161141.jpg
で、話は戻って、ハイレゾですが、
CDが出るときにアナログをデジタル化することになった訳ですが、当時のデジタル処理技術で製品化するにあたり、再生できる周波数域やサンプリングレート決めたのが、現代となってはCPUの処理能力やメモリーも増えて物足りなくなってしまったというのが現状かな?
説明を読むとサンプリングレートが増えたことでデジタル化でデコボコの階段状になった波形をデコボコをより細かくして滑らかな波形にしているとのことです。
それって、アナログに近づけているんですね。
ちゅうことは昔のアナログ・ハイファイオーディオはハイレゾ向き?
泉式の約40年前のアンプやスピーカーでもハイレゾの恩恵はあるのでしょうか?
システムは以前紹介したダイナコPAS3(プリアンプ) ダイナコMkIII(パワーアンプ)
スピーカーはJBL LE8T+ツイーター077またはエレクトロヴォイスのSP-8B+TA-35をその日の気分で聞いています。
e0077517_15195727.jpg
普段はMac miniにCDをXLDというリッピングソフトを用いてAIFFでハードディスクに保存し、再生ソフトはAudirvane、 USB-DACはProJectというオーストリアのメーカーの物を使っています。オーディオプレーヤーとしてのMac miniはキーボードやモニターは接続せず無線LANで他のMacやiPadでコントロールしています。

日曜日、京都に出かけた時にTさんからお古のDACを頂きました。
e0077517_15211789.jpg
FostexのHP-A3というハイレゾ対応のDACです。
サンプリングレートは 96kHz24bitまで対応なので最新の 192kHz24bitには対応していませんが、評判の良いDACなので、ぜひ使わせてくださいと頂きました。

まず手始めはビル・エバンスのワルツ・フォー・デビーとジム・ホールのアランフェスをハイレゾとCDから無圧縮でリッピングしたデータで聴き比べてみます。
家の40年以上前のオーディオセットでどれぐらい変わるのか?
と、思ったら、全く違っていたので驚きました。
どちらかというと、アナログレコードの音に戻った感じがします。
ワルツ・フォー・デビーは録音が古いのでこんなもんかなぁ~
聞き比べると明らかに違うのですが、こっちの方がええやん。と、言うぐらい。
でも、ジム・ホールのアランフェスは録音がアナログの絶頂期のせいか、驚くほど変わります。これですよ、これ!
聞き比べると、CDの音が薄っぺらく感じます。

と、いうわけでモダン・ジャズ・カルテットのラスト・コンサートをダウンロード。
ミルト・ジャクソンのビブラフォン、涙モンです。
これを聞いちゃうと、少し高いですが、ダウンロードしちゃいますねぇ。

そしてアナログレコード全盛期のハイファイ・オーディオ・セットは捨てたモンじゃない。音域に制限が無かった時代なので、逆にハイレゾ向きかもしれません。


また一歩底なし沼に踏み込んだ感じがします。

by senshikibow | 2015-08-27 13:15 | 趣味 | Comments(2)
VW
6/1から今日6/6まで 愛車は点検中。
点検と言っても、車検などの定期点検ではなく
メーカーのサービスキャンペーンというリコールではないが、重大な故障が起こる可能性があるので点検しますというやつです。

で、代車は
e0077517_16072491.jpg
フォルクスワーゲンのゴルフ
真面目に1週間も使うのははじめてです。
世界の大衆車だけあって良く出来てきます。
しかりしたボディー、安定した高速走行。
でも、FFの感じは独特かな?ちょっとクセがあります。タイヤのせいかな?
室内は可もなく不可も無し。普通の車。

うーん、値段を考えると、この大きさでこの性能の車なら、
やっぱトヨタの車の方が良いかなぁ・・・

今日の夕方でこいつとはお別れ。
一週間ぶりに愛車が戻ってきます。

今朝は寝坊して、朝のサイクリングはお休み。



by senshikibow | 2015-06-06 08:30 | 趣味 | Comments(0)
ちょっと足を伸ばして三宮へ
今朝のサイクリングは2号線を西へ、ちょっと足を伸ばして
e0077517_11523355.jpg

三宮まで走ってきました。

帰りは43号線を東へ
e0077517_1153383.jpg

芦屋浜で日の出を迎え
e0077517_11534272.jpg

いつもの西宮浜へ ヨットハーバーで一休み。
今日は寒い!
e0077517_11544151.jpg

ヨットバーバーの木の床は霜が降りています。
にゃんこ足の裏冷たいんやろうなぁ・・・・

走行時間2時間 走行距離46.5km 消費カロリー546kcal
by senshikibow | 2015-01-25 09:00 | 趣味 | Comments(0)
アナログ・レコード
最近、アナログレコードにはまっています。
梅田や三ノ宮に出るたびに中古のLPレコードを買ったりしています。
e0077517_1231049.jpg

と、言っても我が家にはいたずらニャンコが2匹もいるので、繊細なトーンアームの付いたマニアックなアナログ・プレーヤーは絶対に無理。

で、使っているのが昔懐かしいテクニクスのSL-10。
ジャケットサイズの綺麗なデザインのプレーヤーはニューヨーク近代美術館にも所蔵されています。
こいつは多少振動を加えても針飛びしません。
e0077517_12323997.jpg

プリアンプのダイナコPAS-3Xは電源周りのコンデンサーを総入れ替えして、
カップリングコンデンサーをスプラグのオレンジドロップに変更。
フォノイコライザーアンプの12AX7はSovtecの12AX7WAに、
プリアンプの12AX7はRaytheonの12AX7 ロングプレートの軍用品で落ち着きました。
パワーアンプのダイナコMkIIIもコンデンサーを総入れ替えして、発熱対策をして・・・
プリ管の6AN8はSYLVANIA製、パワー管の6550はTang-Sol製にして、エイジングも終了。
スピーカーは結局JBLのLE8T-2をSP-LE8Tの箱に入れてツイーターに077と言う組み合わせに落ち着いています。

ネロはプレーヤーにはあまり興味をしましませんが、

ライは・・・・
なんか回ってるんちゃうん!
e0077517_12334939.jpg

いきなり、アタック!!!

これではさすがのSL-10も駄目そうなので、
e0077517_12351292.jpg

ジャケットで隠すことに

えー? 確かこの下でなんか回ってるんやけどなぁ・・・
e0077517_12354335.jpg

ちょっと不満げなライちゃんでした。
by senshikibow | 2013-08-01 22:27 | 趣味 | Comments(2)
Dynaco MkIII と Dynaco PAS-3X その2
動かしはじめた真空管アンプ。
結局、Dynaco MkIIIはプリ管の6AN8をSylvania製に交換。
Dynaco PAS3Xも12AX4は4本ともSovtec製の12AX4LPSに
整流管はInternational CCの12X4に交換しました。
e0077517_22402633.jpg

トランスが唸っていたのですが、ネジを締め直して、1cm厚のゴムシートを下に敷いて改善
e0077517_2244356.jpg

KT88はエージングが30時間を過ぎて、落ち着いてきました。
音も良くなって、この数日、風呂上がりはお気に入りのアルバムを聴いています。
久しぶりのオーディオライフ・・・
by senshikibow | 2013-03-03 22:32 | 趣味 | Comments(2)
Dynaco MkIII と Dynaco PAS-3X
昨年から鳴らそう鳴らそうと思っていた 真空管パワーアンプ Dynaco MkIII 。
何とか、真空管プリアンプ Dynaco PAS-3X と共に 鳴らすことが出来ました。
e0077517_2236632.jpg


まだまだ、完璧とはほど遠い状態ですが、音を出しました。
整流管と出力管を交換。
とりあえず、高価な物は避けて、ロシア製 SovtecのGZ34 と Electro-HarmonixのKT88にしました。

で、音は
e0077517_22411134.jpg

Altec 755E / Electro-Voice T-35(ローカット10kHz)
で鳴らした音は大変繊細で思ったよりおとなしい。
まだまだ、真空管のエイジングが進まないと何とも言えないかな・・・

今夜はちょっと一杯飲みながら、お気に入りのCDを聴いてみよう
by senshikibow | 2013-02-24 22:49 | 趣味 | Comments(2)
スピーカー その2
アンプを換えて、そこそこ音が良くなったかな?
などと思っていたのですが、CDによってはどうも低音がもたつくというか、こもった音になります。
それに低音の音圧が高い?
なんか鼓膜を押される様な感じがする事があります。うーん・・・・と、唸りつつ・・・・
やはりエレクトロヴォイスのMC8とエンクロージャーの相性が良くないのかなぁ・・・・

そうこうしていると、奥さんに
「このステレオの音は疲れるから嫌い!」
と、あっさり言われてしまいました。

ひょっとしたら、あの鼓膜を押される様な感じのせいかもしれません。
これは困りました。狭い我が家にはオーディオルームを作るほど余裕がないので、居間で鳴らしているわけですが、家族が機嫌良く聞けるシステムでないとこの趣味は成立しません。
昔愛用していたJBLのLE8Tは重めのコーン紙を大きなヴォイスコイルを強いマグネットで駆動していましたので、能率は良くないのですが、締まった綺麗な低音でした。
エレクトロヴォイスのMC8は軽いコーン紙を動かすので、合わないバスレフの箱ではダメなのかもしれません。
やはり、エレクトロヴォイス伝統のホーンエンクロージャーに入れないといけないかなぁ・・・・

そこで思い切って、スピーカーユニットを変更してみる事にしました。
JensenのSG-80と言うユニットを安くてにいれて、使ってみる事に・・・・
Jensenは古くはギターアンプのスピーカーと言えばJensenと言われるスピーカーメーカーです。SG-8は8インチのダブルコーンのスピーカーなんですが、コーン紙は加工されていて、少し重い目の様です。
e0077517_2121622.jpg

左がJensen SG-80 右がElectro-Voice MC-8
e0077517_2125388.jpg

マグネットはJensen SG-80の方が大きい
さて、山水のエンクロージャーに入れてみると、
e0077517_214944.jpg

音は意外と大人しい音にでした。低音がブンブン言うのもなくなりました。
ツイーターとの相性はまぁ、問題ないようです。

スピーカーユニットを入れ替えていると
e0077517_2161563.jpg

さっそくライちゃんがエンクロージャーの中へ入っちゃいました。

とにかく選択肢が増えたので、この二種類のスピーカーと真空管の組合せで奥さんが疲れないような音を探してみようと思います。
こんなことなら、最初からLE-8Tを買い直した方が良かったかな(笑)
あとはiTunesの音がいけないのかなぁ・・・・
by senshikibow | 2012-08-22 21:07 | 趣味 | Comments(2)
アンプ
6月にエレクトロヴォイスのスピーカー ユニットを手にれて、チョット、オーディオ趣味に火が付きました。

スピーカーユニットを山水のエンクロージャーに入れた次はアンプの話です。

SATRIのアンプを愛用していたのですが壊れてしまいました。急遽手に入れたボーズのコンパクトアンプは大変便利でしたが、コンパクトスピーカー用に設計されているのでしょうか、L88Mではそれほど感じなかったのですが、エレクトロヴォイスのスピーカーでは低音が出過ぎて、中域が細くて寂しい音になってしまいます。吸音材やバスレフポートの調整などエンクロージャーをいじってみましたが、なかなかうまく行きません。
iTunesからの音はこうなるのかと思い、CDプレイヤーを繋いでみましたが、もちろん音はCDの方が格段に良いのですが、傾向は変わらず。
うーん、やはりエンクロージャーの使い回しではダメなのでしょうか?
などと、思っている時・・・・7月下旬、出物のアンプを見つけちゃいました。
Unison Research Simply twoと言う真空管アンプです。

e0077517_20431791.jpg


現在はモデルチェンジして、コンパクトなモデルになっていますが、
1990年ごろEL34シングルのくせに馬鹿高い値段がついていたイタリア製のちょっとお洒落なアンプです。
もちろん、相場よりは随分と安く手に入れました。
EL34シングルなのでパワーはありませんが、エレクトロヴォイスのスピーカーは能率が高いのでパワー的な心配はなさそうです。
Unison Research Simply twoは真空管アンプですが、スピーカーがコンパクト化されてからの設計ですので、ボーズのアンプと交換して、劇的な効果があるかどうかはわかりません。さて、どうでしょう?
by senshikibow | 2012-08-20 20:45 | 趣味 | Comments(2)
スピーカー
学生時代、ちょっとオーディオに凝っている時期があって、自作のエンクロージャーにJBLのLE8Tを入れて愛用していました。アンプは基本は山水のAU607だったかな? LUXKITの真空管アンプを作ったりもしました。
結婚してからは全くしていなかったのですが、10年ほど前にJBLのL88Mと言う可愛いスピーカーを手に入れて、一時、SATRIのアンプで鳴らしていました。でも、壊れてしまって、今はボーズの小さなアンプに古いMac miniからUSBーDACを経由してiTunesの音楽を流しています。
オーディオはもういいかな?なんて思っていたのですが、写真のお友達のSさんが数年前からえらい凝っていまして自作のスピーカーに300Bの真空管アンプを繋いでいい音を鳴らしています。
そう言うのを聴いちゃうと、駄目なんですよねぇ
そのSさんに2年ほどまえに山水のSP-1001と言う古いスピーカーを頂きました。3ウェイでマルチアンプにも対応した凝ったスピーカーでグリルはちょっといたんでいますが、凝った格子細工のもがはまっています。山水のSP-LE8Tと同じような感じです。鳴らしてみると悪くはないのですが、一枚ベールが掛かった様な音です。アンプが悪いのかもしれませんが、何とも物足りなくて、放ったらかしにしていました。
そんなある日、ひょんなことからエレクトロボイスのスピーカーを手に入れてしまいました。
30Lぐらいの変則的な形の自作のエンクロージャーにMC8とT-35Aが入ったものです。アッテネーターもエレクトロボイス純正品が使われています。
e0077517_2238359.jpg

古いスピーカーですが、ちゃんと鳴るようです。ただ、このエンクロージャーではこのユニットがかわいそう。せめてもう少し大きな箱に入れてあげたい。
と、言うわけで、山水のSP-1001を改造する事にしました。
ユニットとネットワークを外して、久しぶりに日曜大工でスピーカーを取り付ける補助バッフルをこさえて嵌め込みました。
e0077517_2239586.jpg

鳴らしてみると、オッいい感じじゃありませんか!
JBLとはちょっと異なるアメリカンサウンド。
吸音材やバスレフポートを調整すればもっと良くなると思います。
本当ならエレクトロボイス伝統のホーン型エンクロージャーに収めるのが良いのでしょうが、とりあえずこれで行ってみましょう。
大きなスピーカーは奥さんには不評かな?
でも、ライやネロは気に入ったようです。
e0077517_22392680.jpg
e0077517_22394276.jpg

by senshikibow | 2012-07-02 22:34 | 趣味 | Comments(2)
TRI-X
奈良町散策にはRicho CaplioGX8ともう一台、Leitz-Minolta CLを持っていきました。
久しぶりのCLです。
フィルムは久しぶりついでにKodakの「TRI-X」を放り込んでみました。
e0077517_9355978.jpg

カラー現像のモノクロフィルムは時々使っていたのですが、
TRI-Xは本当に久しぶりです。

で、やっぱモノクロで撮ったら現像でしょう!
e0077517_9375719.jpg

現像液と定着液を作って・・・・
この際、現像液はD76なんか使っちゃいます。
T-MAX現像液を使わないところがこだわり(笑)
100円ショップで漏斗や計量カップ、タイマーやデジタルの温度計(さすがに100円ではなかった)まで売ってるんですね。
はじめて、暗室のながしを使ってみました。

現像液ができたら、
タンクに詰めなくっちゃ!
e0077517_9412866.jpg

忘れ物はないかな?
ちなみにタンクは20年ぐらい前から愛用のタンク
ダークバックは奥さんのお父さんの形見の品です。

無事タンクに収まり、現像開始!
酢酸のにおいも久しぶり。
娘は興味津々・・・・
奥さんも久しぶりの酢酸のにおいに・・・あきれ顔・・・

さてさて、結果の方は次回のお楽しみ・・・・
by senshikibow | 2006-06-15 09:45 | 趣味 | Comments(8)